月別アーカイブ: 2015年9月

2015/09/21(月・祝) ママチャリ座間グランプリ参戦

昨 2014 年に第 1 回が開催されたママチャリ座間 GP というイベントがあります。昨年は大会が終わったニュースで開催を知ったため参加することができませんでした。その時以来、「来年 (つまり今年 2015 年) は参加するぞ」と意気込んでいたのですが、ちゃんと参加者募集のニュースを見つけることができて、2015/09/21(月・祝) に行われたレースに参加することができました。

ママチャリは 7、8,000 円ぐらいで売っている激安自転車を買って参加しようと思っていたのですが、妻が自分の自転車を使えばよいと言ってくれたため、妻の愛車「ケロ蔵」号での参加となりました。

ゼッケンは耐候性のあるものを自分で作って、前かごに付けていかなければならないルールなので、A4 の紙にゼッケン番号 8 番とチーム名「スワンボート 0 号」の文字をプリントして、それをビニール袋に入れ、ビニール紐を四隅につけて作成しました。今年は天気は晴れのち曇りで雨は降らなかったのですが、実際に雨が降ってたら、本当に「耐候性」がこのゼッケンにあるのかどうかは疑わしい限りです。

ゼッケン作成中

ゼッケン作成中

車検では、サドルの位置を (あえて漕ぎにくいように) 一番下まで下げられて、計測器をガムテープで取り付けられます。

準備のできたケロ蔵号、今日に限っては、「スワンボート 0 号」号と表彰台前で記念撮影してみました。

準備のできた自転車と表彰台前で記念撮影

準備のできた自転車と表彰台前で記念撮影

準備のできた自転車と表彰台前で記念撮影

準備のできた自転車と表彰台前で記念撮影

仮装で参加するチームの何組かいます。MEGMILK のチームは、自転車を牛乳パック型にして参戦しようとしていました。

MEGMILK チームの牛乳パック型自転車

MEGMILK チームの牛乳パック型自転車

しかし、練習中に牛乳パックの飾り自体は壊れてしまったらしく、レースの時には、普通のママチャリの姿となって参加していました。牛乳パックがレースを走るシーンを見たかったのに残念です。

このイベント、本当は交通安全教室が本来のイベント主旨で、ママチャリグランプリは、その併催企画にすぎません。安全教室に向けて、神奈川中央交通 (かなちゅう) のバスも来ていました。かなちゅうのゆるキャラねずみの「かなみん」の着ぐるみも来ていたので、ツーショットを撮ってもらいました。

かなみんとツーショット

かなみんとツーショット

ざまりんも居ました。

ざまりんとツーショット

ざまりんとツーショット

実際の交通事故をスタントマンが目の前で演じて、事故の危険、事故の防止策などを訴える「スケアド・ストレート」というイベントもありました。ショー仕立てで演じられるのですが、事故の再現スタントの中には「そんな勢いで当たるの?」というようなものもあって、なかなか見ごたえがありました。

スケアド・ストレートによる事故再現スタント

スケアド・ストレートによる事故再現スタント

レースはもう少し大勢で参加するつもりだったのですが、誰も乗ってこなかったので、結局妻と私の 2 人だけで参加することになりました。最初私が 30 分乗り、次に妻が 5 ~ 10 分ぐらい、次に私が再度 30 分、という感じで交代しながら走ろうということにしていたのですが、妻は実際に走り出すと予定していた時間より長く走ってくれました。逆に私は 1 回連続 30 分が厳しくて、2 回目以降は 20 分ほどで交代してもらっていました。

レースには色々な人が参加しています。今回のイベントは富士スピードウェイのママチャリ GP のような全国規模のイベントではないので、参加者は関東エリア、実際にはほとんどのチームが神奈川県内からの参加でした。ところが 1 チームだけ、なんと三重県から参加している人がいました。チーム名は「チャリで来た from 三重」で、そのチーム名の通り、実際にママチャリで三重県からやってきたのだそうです。しかも後で話をうかがうと、このレースの参加のために来たのではなく、ママチャリで日本一周を目指していて、その途中に座間でのママチャリ GP 開催を知って立ち寄っただけで、これから荷物満載のママチャリで北海道を目指すのだそうです。すごいです…

「チャリで来た from 三重」チーム

「チャリで来た from 三重」チーム

私が個人的に目立ってるなぁと思っていたのは、たぶん芸者風 (?) のコスプレ仮装をしていたと思われるこちらの「チームこぴっと」です。

仮装で参加していた「チームこぴっと」

仮装で参加していた「チームこぴっと」

何か空気抵抗の大きそうな自転車になっていますが、ものすごく遅いということはなくて、けっこう淡々と順調に走っていました。

真剣に走っているチームもいくつかあります。この 32 番のチームは優勝したチームですが、かなり飛ばしてました。

優勝した 32 番「まいく べいん」チーム

優勝した 32 番「まいく べいん」チーム

座間っぽく、外人も参加してました。シュールな感じです。

ママチャリレースに参加する外人。なんというかシュール…

ママチャリレースに参加する外人。なんというかシュール…

我らがスワンボート 0 号の走りもご覧ください。

スワンボート 0 号 (ライダー: 妻)

スワンボート 0 号 (ライダー: 妻)

スワンボート 0 号でコーナーを責める (ライダー: 奥村)

スワンボート 0 号でコーナーを責める (ライダー: 奥村)

結果ですが、139 周を走行し、参加 48 チーム中 47 位でした。ただし 1 チームは DNS (Do Not Start) なので、実際にレースに出たチームの中では最下位でした。DNS のチームの扱いが大会ルール上どうなっているのか、あるいは、ブービー賞が、正しい意味でのブービー賞なのか、日本式のブービー賞なのか、規定がよくわからないのですが、47 位でブービー賞をもらいました。麺屋みっちゃんの食事券付です。

ブービー賞をもらった…

ブービー賞をもらった…

この実際に走った中で最下位ということは、あの空気抵抗がバリバリに大きそうな仮装自転車で参加していた「チームこぴっと」より、我々は遅かったということです。途中経過では下から 4 番目ぐらいの順位に居たのが、最終結果では最下位になったというのは、明らかに 2 人で参加したことが原因でした。最初のうちは交代して休憩しているうちに体力が少しは回復して、次に走り出す最初は少し早く走れていたのですが、後半になると、交代休憩の時間だけでは全く体力が回復せず、乗り始めから遅いというヒドい状況になっていたので、ラップタイムが後半どんどん下がっていたはずです。あと、2 人しかいないためピットでの選手交代時、すべての荷物を引き渡したりしていましたし、ヘルメットも 1 つだけなので、今まで走っていた選手が脱いで、これから走る選手がかぶって、を毎回の交代時にやっていたりした時間のロスも大きかったかも知れません。

とりあえずはそれなりに楽しく参加できました。来年があるか、と言われれば、妻のご意向次第かなぁ… という感じです。

2015/09/12(土) 結婚 10 周年ランチ at 横浜うかい亭

我々は 2005/09/10(土) に結婚しました。その結婚式をした横浜うかい亭というレストランで、ほぼ毎年結婚記念日近辺の週末にディナーかランチを食べに行っています。

今年は 10 周年なので、当然今年も横浜うかい亭に行ってきました。

横浜うかい亭

横浜うかい亭

2 人とも、スペシャルランチコースを注文しましたが、スープを冷製カボチャのスープから、冷製とうもろこしのスープに変更してもらいました。これは我々の結婚式の時のメニューに出てきたスープが、この冷製とうもろこしのスープだったからです。

料理の写真をどうぞ。

オマール海老のマリネ

オマール海老のマリネ

冷製とうもろこしのスープ

冷製とうもろこしのスープ

スズキのナージュ

スズキのナージュ

次がメインのステーキです。美味しいに決まっているのですが、わずか 5 切れしかないので、あっという間に消えてしまい、悲しくなります。

うかい牛ステーキ

うかい牛ステーキ

ガーリックライスと味噌汁

ガーリックライスと味噌汁

デザートルームに移動してデザートです。デザートプレートの周囲にはチョコレートで「Happy 10th Wedding Anniversary」と書いてくれていました。

マダガスカル産バニラのプリン

マダガスカル産バニラのプリン

ココナッツのエクレア、パイナップルのシャーベット添えと、結婚記念ランチを祝ってお店からもらったお花

ココナッツのエクレア、パイナップルのシャーベット添えと、結婚記念ランチを祝ってお店からもらったお花

最後に建物の前で記念写真を撮ってもらいました。

横浜うかい亭本館前で記念写真

横浜うかい亭本館前で記念写真

また、来年、再来年と来れるといいなぁ…

2015/09/04(金) 583 系あおもり号見物

急行きたぐにが引退してから、臨時列車でしか見れなくなった寝台特急「電車」583 系のイベント列車が、新宿駅に 21:03 に停車するダイヤで運行されるという情報を見つけて、仕事帰りに見に行ってみました。

どのホームに来るかわからなかったのですが、横浜発で新宿へ来るので、埼京線系のホームに来るはずです。1 ~ 4 番ホームは発着列車が多すぎるので違うだろうと目星をつけて 5、6 番ホームへ行ってみると、発車案内板で 5 番線に「団体」の表示がありました。ちゃんと「あおもり号」の表示が出ると思っていたのですが、他にそれらしい案内はないので、これだろうと判断して 5 番線で待つことにしました。

新宿駅 5 番線「団体」発車案内表示

新宿駅 5 番線「団体」発車案内表示

5 番線にはそれっぽい人がいっぱいいましたが、向かいの 4 番線にもけっこうたくさんいました。

新宿駅 4 番線で 5 番線に入ってくる「あおもり」号を待つ人々

新宿駅 4 番線で 5 番線に入ってくる「あおもり」号を待つ人々

そして「あおもり」号が入線してきました。

新宿駅 5 番線に入線する 583 系「あおもり」号

新宿駅 5 番線に入線する 583 系「あおもり」号

停車している間に、向かいの 4 番線から三脚を立てて撮ってる人たちから「ストロボたくんじゃねーよ」、「そこの駅員、邪魔なんだよ、どけ」、「そこのお前、電車の前にかぶるなよ」というような罵声が飛びます。相変わらず嫌~な雰囲気… まぁ、バルブで撮ってたりするとストロボたかれると露出が狂うし、他の人がじゃまだというのはわからなくはないのですが、なんであんな言い方になるんでしょうね… 同じように叫んだとしても、「ストロボはやめてくれませんか?」とか「ちょっと写りこんでしまうので、少しどいてくれませんか?」とか言えばいいのに、とも思うのですが。

罵声が飛ぶたびに、中学生ぐらいの子鉄が、嫌~な顔して 4 番線を見てました。

で、ほどなく出発です。私は遅れてホームに来たので、6 両編成の列車の停車位置近くには行かず、かなり前の方で撮っていたので、出発して動き始めてからが、ようやく大きく写せるチャンスです。

新宿駅 5 番線ホームから出発する 583 系「あおもり」号

新宿駅 5 番線ホームから出発する 583 系「あおもり」号

先頭車両以外に、通過する 6 両編成の各車両も一応シャッターを切ってみましたが、まぁ、ろくな写真にはなりません。仕方ないですが…

出発していく 583 系の各車両 (この写真は 2 号車)

出発していく 583 系の各車両 (この写真は 2 号車)

そして見送り構図。

新宿駅 5 番線を出発する 583 系「あおもり」号見送り構図

新宿駅 5 番線を出発する 583 系「あおもり」号見送り構図

写真撮ってた時は気づかなかったのですが、前のヘッドマークと、後ろのヘッドマークが違うんですね。そんた所に手をかけるとは… でも横サボは真っ白だったような気がします。

で、583 系が出発してしまうと特に何という用事もなくなるのですが、ホームに集まっていた鉄な方々は (まぁ、私もですが)、ついでにと反対側のホームに停車中の 185 系スワローあかぎを撮ってました。

185 系スワローあかぎ 13 号を撮る鉄な方々

185 系スワローあかぎ 13 号を撮る鉄な方々

面白かったのが、偶然通りがかった鉄ではなさそうなカップルっぽい 2 人連れが、鉄な人が一眼レフとかを構えて大挙して撮影しているスワローあかぎを見て、何か特別な列車だと思ったらしく、「これはきっと特別な電車なんだよ」とか言いあいながらスマートフォンを取り出して写真を撮っていたことでした。いや、この電車は特別じゃないですよって言ってあげるべきかどうか微妙に悩みましたが、何も言えませんでした。

帰るため新南口の通路を通ってサザンテラス口から出て甲州街道を渡って小田急に乗り換えたのですが、新南口の通路の工事中の天井には何やら重そうなものを今後ぶら下げるに違いない謎の金具が付いていました。つり天井ならここまで立派な金具は必要ないと思うのですが、ここには何がぶら下がるのでしょう?

JR 新宿駅新南口改札内通路の天井の謎の金具

JR 新宿駅新南口改札内通路の天井の謎の金具

583 系の完全引退はいつなのでしょうか? まぁ、乗れる機会はないんだろうな…